100周年記念Suicaが101周年記念Suicaに?!

2015年2月9日に申し込み受け付けが終了した「東京駅開業100周年記念Suica」。

申し込んだ人は、当然「もうそろそろ手元に届くのかな」と思っていたと思うのですが、どうやらそうは上手くいかないようです。

JRの発表によると、WEBからの申込み者については、本日4月6日(月)に案内を送ったといいます。(郵送申込みの方は、4月6日(月)~10日(金)に順次お知らせハガキを発送とのこと)

その内容を見た申込者の多くは驚愕!
なんと、手元に届くのが2016年になるケースもあるようです。中には発送が来年3月まで遅れる人もいるといいます。

ネットでは「101年記念になっちまう」などの嘆きのつぶやきが多くみられます。

100周年記念Suicaは、最終的には約499万枚発行。Suicaの年間発行枚数を超える規模ということです。

Webからは約197万件・郵送が約30万件の申し込みがあったといいます。

sponsored link

 

ニュースのポイント

  • 100周年記念Suicaが約499万枚発行される。
  • 約499万枚は、Suicaの年間発行枚数を超える規模。
  • 順次発送するが、2016年3月までずれ込むケースもある。

ニュースのソース

 

お知らせ

「東京駅開業100周年記念Suica」につきましては、多くのお客さまにお申込みをいただき、ありがとうございました。みなさまにご購入いただけるよう増刷に努めておりますが、多くのお客さまには商品の発送にお時間をいただくことをお詫び申し上げます。

WEB申込みの方
4月6日(月)にお知らせのメールを送信いたしました。
※メール受信設定等の理由で、今回のお知らせのメールがお届けできなかった方につきましては、後日ハガキをお送りしますので、お知らせまでにお時間をいただきます。
郵送申込みの方
4月6日(月)~10日(金)に順次お知らせのハガキを発送いたします。

JR

「東京駅記念Suica」、発送時期を通知 来年3月の人も

 JR東日本は4月6日、「東京駅開業100周年記念Suica」の申込者に発送スケジュールを通知するメールを送信した。最終申込数は約499万枚に上っており、発送が来年3月にまでずれ込む人もいる。

 発送スケジュールはWeb申込分はメールで、郵送申込分は10日までにはがきで順次知らせる。

 同Suicaの申し込みはWebが約197万件・郵送が約30万件に上り、枚数はWebが約425万枚・郵送が約74万枚と、Suicaの年間発行枚数を超える規模。3月末までに発送可能な10万枚分は抽選で決め、残りの具体的なスケジュールは再度抽選して決めるとしていた。

 同社によると、6月中旬以降は毎月10万~70万枚を発送する予定という。人によっては来年までずれ込む場合もある。

 Twitterでは、通知を受け取った人が「発送予定は来年3月だって」などと驚く声が投稿されている。「そのころになったら忘れているかも」という意見もあり、少なくない数が入金されないまま残ってしまう可能性もありそうだ。

 記念Suicaは昨年12月、1万5000枚限定で東京駅構内で発売したが、予想以上の人出で混乱が起きたため販売を打ち切り、希望者全員に販売する方針に変更していた。

「東京駅記念Suica」、発送時期を通知 来年3月の人も

ITmedia

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*