王理恵の元夫たちに共通する特徴は新夫にも通じるのか?!

野球の画像

タレントで料理研究家の王理恵(44)が再々婚することをフェイスブックで発表しました。

今回で3度目の結婚となる王理恵さんですが、お相手の方はどんな方なのでしょうか?
再々婚なので元夫が二人いるのですが、今回の結婚には過去の失敗の教訓はいかせるのでしょうか?

sponsored link

 

元夫は二人とも職場結婚だった

王理恵が最初に結婚したのは1995年。
当時博報堂に勤めていた王理恵は、同僚と結婚していますが、2年半で離婚しています。

最初の結婚の時期くらいに、王理恵は博報堂を退職して、テレビのスポーツ番組なんかのレポーターをするようになりました。
その後、2001年に自身が出演したテレビ番組のプロデューサーと再婚しますが、こちらも3年で破局してしまいました。

このように王理恵さんは自分の職場の周辺で相手を見つけることが多いようですね。
スポーツ番組のキャスターなどやっていたら、プロ野球選手と付き合ったりすることもあるのかな、と勘繰ってしまいますが、それはなさそうです。
なにせ王理恵のお父様は言わずと知れた世界のホームラン王・王貞治さん。
球界の人たちは恐れ多くて手も足も出なかったことでしょう。

その後は、医師の本田昌毅氏と熱愛のうわさが上がったこともありましたね。
この本田医師は朝青龍の主治医として有名だったのですが、いろいろあって結局結婚までは至りませんでした。

 

今回の結婚男性も職場結婚か?

このように職場結婚が多い王理恵なので、今回の旦那さんもそうなのでしょうか?
現段階では旦那さんの情報は一般人としか出ていないのですが、推理してみましょう。

現在、王理恵さんは、経済メディアのインタビューアや司会などといった、経済関連の仕事も務めるそうです。
そうなると、投資家や会社経営者などが怪しいと思っちゃいますね。
うまい具合に玉の輿とかに乗っていたらうらやましいですね。

王理恵さんのフェイスブックでは「近日中に週刊誌に出る」と書いてあるので、その発表を待ちたいと思います!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*