小酒部さやかさんのプロフィールと経歴!マタハラを知らしめた功績

赤ちゃんのイラスト

小酒部さやかさんが日本人で初めて「国際勇気ある女性賞」を受賞しました。

国際的に活躍する女性に敬意を表する賞とのこと。
小酒部さやかさんは、日本の会社社会で常習化しているマタハラ(=マタニティハラスメント)に警鐘を唱えたことが認められて、今回の受賞に至りました。
国際的にも注目を集める小酒部さやかさんの経歴やプロフィールを調べてみました。

sponsored link

 

小酒部さやかさんの経歴・プロフィール

小酒部さやかさんの名字は「おさかべ」と読むようです。
少し珍しい苗字ですね。
詳しいプロフィールは、年齢のみしか公表されていません。
年齢は2015年3月現在37歳とのこと。

そして、小酒部さやかさんの経歴ですが、過去に会社勤めをしていたようです。
その時に妊娠していたそうなのですが、職場での嫌がらせ(=マタニティハラスメント)を受けて、退職を迫られてしまったとか。
しかも、2回も流産経験があるとのこと。

このような自身の悔しい経験から、同じような境遇の女性のためになることをしたいと考えるようになり、マタハラで悩む女性を支援する団体「マタハラNet」を立ち上げたようです。

 

マタハラとは?

まず、マタハラとはなにか?
マタニティハラスメントの略と言うことは知っていても、具体的に説明できる人は少ないでしょう。

働いている女性が、自身の出産や妊娠などをきっかけにして、職場で不利益を被ること。
この場合の不利益とは精神的、肉体的であるかどうかは問わない。
具体的には解雇や自主退職の強要などにまで発展することもあり、流産などに至ることもある。

ざっと、こういう感じみたいです。

会社の都合で流産になったらたまったものではないですね。
早く是正されるべきだと思います。

小酒部さやかさんが実際に退職に迫られたように、世間にはこういった不利益を被っている女性が大勢いるのでしょう。

セクハラやパワハラより重いとされている理由の一つは、これらの嫌がらせによって流産にまで追い込まれてしまうケースもあるからです。
命にかかわることだからです。

そして、被害を受けている女性も、身重のために対抗することが難しく、泣き寝入りが多いのがマタハラの特徴だそうです。

あるデータによると、働く女性の4人に1人がマタハラを受けた経験があるという調査結果もあるようで、実際には更に多いことが予想されます。

このように常習化しているマタハラですが、今回の小酒部さやかさんの受賞で、更に世間の注目を集める事になります。
一つの社会問題として世間に警鐘を鳴らしたということが、小酒部さやかさんの一番の功績とされています。

 

小酒部さやかさん受賞の「国際勇気ある女性賞」とは?

「国際勇気ある女性賞」は、アメリカ国務省が2007年に制定した賞です。
世界で活躍する女性指導者スポットを当てるべく制定された、アメリカ国務省唯一の賞ともいえます。
これまでも、人権擁護や女性の地位向上などの観点から、それらに貢献した女性を表彰してきました。

今回、小酒部さやかさんが日本人としては初めての受賞になります。
他に9人の世界各国の女性が受賞しており、その中には、「シリアの人権活動家」「エボラ出血熱のウイルスに感染しながら治療に取り組んだギニアの看護師」などが選出されました。

 

すごいですね。
日本人が世界で活躍するのはとても素晴らしいことです。応援したくなります。
しかも、小酒部さやかさんには、今回の受賞の他にもたくさんの功績があります。

中には、小酒部さやかさんが中心となった活動が元で、2015年1月には政府から「妊娠している女性の解雇および降格は違法」という日本政府初となる公式通達も引き出しています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*