森三中大島美幸の子供の性別と名前は?出産予定の6月人気の名前

赤ちゃんの画像

妊活休業していた森三中の大島美幸が妊娠成功を発表しましたね。

現在6カ月で出産予定日は6月とのことです。
おめでとございます。

さて、子供を授かった時の楽しい作業に名前を考えるということがあります。
親たちの名前から字をとるのか、季節に合わせた名前にするのか、こういう人になってほしいという願いからつけるのかは様々ですが、考えるだけでわくわくしますね。
森三中大島美幸さんと夫の鈴木おさむさんの子供の性別と名前を勝手に予想してみました。

sponsored link

 

子供の名前を考える基準は様々

子供の名前を考える時に悩む人は多いですよね。
それは当然なことで、子供の一生を決めかねない要素だからではないでしょうか。

名前が原因でいじめられたりしないか、運勢が悪くなったりしないか、不幸にならないか。。。
不安ばかりが先立ってしまいます。

実際に、子供の名前をつけても、あとあと後悔している親も多いとか。
子供にとっても親にとっても後悔しない、良い名前をつけたいですね。
性別のわからない時期でも名前を考える事は出来ます。

子供を名づける時の基準はいくつかあります。

・呼びやすい名前にしよう
・意味のある字にしよう
・尊敬する人の字をいただこう
・産まれた季節に合わせてつけよう

などなど。
基準は様々ですが、妊活に成功した森三中の大島美幸さんの旦那さんは、放送作家の鈴木おさむさんということで、作家さんならしゃれた名前をつけるのでは? と期待させてくれます。

 

これが人気!6月生まれの子供の名前

子供の名前付けの一つに、出産時期の季節からつける方法があります。
性別ごとに見てみます。

性別が男の子だったら、夕介(ゆうすけ)、葉一郎(よういちろう)、涼太(りょうた)、海登(かいと)など、6月の漢字を含んだ名前が人気ですね。
また、性別が男の子の場合、○太や○人・○登のような「○と」、介などを含んだ名前も人気です。

性別が女の子の場合も、6月の漢字を含む名前が人気で、愛海(まなみ)、美涼(みすず)、蛍(ほたる)、葉月(はづき)なんかが上位に入っていますね。

人気の名前だと、子供が幼稚園などに入った時に、同じ名前が3人も4人もいることがあるとか。
その場合はフルネームで呼ばれることになり、子供の立場になると、少し可哀そうですよね。
かといって、あまりに奇抜な名前(キラキラネーム)では、いじめられる要因になってしまうのではないかと心配にもなります。

このバランスがとても難しいですね。

となると、やはり無難なのは親の名前から字をもらう方法です。

森三中の大島美幸さんと構成作家鈴木おさむさんの子供の名前を予想してみました。

例えば、森三中の大島美幸さんの場合、「美幸」は美しく幸多い子供に育ってほしいという意味が込められていると想像できます。
夫の鈴木おさむさんの場合は、「おさむ=収」というらしく、収には物事をとりまとめるという意味があり、リーダー的な存在になってほしいという意味が込められているかもしれません。

2人の名前を元に、季節などの要因も加えると、
性別が女の子の場合は、美涼(みすず)ちゃんや、愛幸(あいこ)ちゃんなど。
性別が男の子の場合は、収介(しゅうすけ)くん、美登(よしと)くんといったところでしょうか。

子供の名前をつける作業は、夫婦にとってとても幸せな時間です。
ぜひ、たくさん悩んで良い名前をつけてあげてほしいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*