マクドナルド苦情・クレーム専用アプリ「KODO」レビュー

マクドナルド

最近、何かあれば叩かれているマクドナルドですが、とうとう、苦情やクレームなどの意見を専用に受け付けるアプリをリリースしましたね。
その名も「KODO」。
改善するためにすぐ「行動」する意味が込められているかどうかは不明ですが、早速アップルストアで落としてみました。

追記:どうやらKODO=鼓動みたいです。お客さんの気持ちを知るという意味?

sponsored link

◆なかなか見つからないアプリ

まずはアップルストアでダウンロードしようとしたのですが、なかなか見つからない。

実は、最初はKODOという名前を知らなかったので、「マック」や「マクドナルド」で検索をかけたのですが、引っかかりませんでした。

その後、ウェブで「KODO」という名前を知って、ピンポイント検索。やっと見つけることができました。

「マック」や「マクドナルド」でも、普通の公式アプリは出てくるのに、「KODO」は出てこない。やはり、あまり流通させたくないのかな? なんてちょっと思ってしまいました。

※後で気づいたのですが、サジェスト検索では出てきます。が、そもそもKODOという名称を知らない人には何のことやら、なので、やはり少し不親切なような。。。

◆クレームだけじゃない!評価するアプリ

結構前になりますが、マックでコーヒーを飲んだので評価してみました。

仕様としては、いくつかの質問項目に一つずつタップして答えていく形式です。

で、その項目がめちゃくちゃ多い!

これ、途中でめんどくさくなってやめる人が多いのではないかと思います。(それが狙いだったり?)
そして、ただ単にクレームをかき込むだけでなく、サービスに満足した人は、満足した!という評価をできるようです。

とりあえず、自分は特に文句もないので、普通の評価を連発しました。

で、やっと入力し終えると、なんとクーポンが貰えました!
これは、予想していなかったのですね。
(でも、なにが貰えるクーポンかを確かめる前に画面を消してしまったので、詳細は不明です。。。)
ちなみに、評価は1日1回ということです。

◆最後に

食の安全やなんやかんやとミスが続いたマックに対しては、まだまだ、私の周りの人たちは「マックか~。。。」という人が多い印象です。

で、今回のアプリ導入でそういう人たちが、どれだけ好印象を持つかは不明ですね。

そもそも、アプリ開発だって無料じゃないはず。
そっちに力を入れるより、他の部分をテコ入れした方がいいのでは? というのが、世間の主だった反応のようです。

私も昔はてりやきとかも好きだったんですけどね~

SNSでもご購読できます。