高橋光成の彼女は陸上部?光成の読み方はこうな

名札の画像

西武ライオンズの高橋光成(こうな)投手が自己最速の152キロを計測したそうです。

第二のダルビッシュと期待されている高橋光成(こうな)投手は今後どんどん注目されていくことでしょう。
まだ18歳ということで結婚はまだですが、高校の陸上部に彼女がいたという噂もあります。
また、珍しい名前・光成(こうな)の読み方は?
いろいろ調べてみました。

sponsored link

 

光成(こうな)の由来と読み方について

高橋光成(こうな)投手の光成という名前は、「こうな」という少し珍しい読み方をしますね。
その由来はどういったものなのでしょうか。

高橋光成(こうな)投手の名前の由来や読み方を知るには、まず、ご両親のなれ初めから知る必要があります。

高橋光成(こうな)投手のお父さんは義行さん、お母さんは尋美さんと言うそうです。
義行さんいわく、尋美さんからのプッシュに促される形で、婿養子に入ったのだとか。
2人とも群馬県が地元だったのですが、尋美さんの実家がある沼田市利根町はとても野球が盛んな地域だったそうです。
そして、尋美さんのお父さん、高橋光成(こうな)投手からみると母方のおじいさんも、還暦を過ぎても草野球チームで汗を流していたとか。
そのおじいさんの名前が光政さんと言い、「光」という一文字をいただいたと思われます。
そして「成」というじで「な」と読む読み方は、尋美さんの意向が強かったと言われています。
高橋光成(こうな)投手には2歳上の姉がいるのですが、「かずな」さんというらしく「な」をいれるのが好きなようですね。
こうして、結果的に珍しい読み方となったようです。

 

高橋光成(こうな)投手に彼女はいるのか?

一部のネット情報によると、twitterの情報から、高校時代に同校の陸上部に彼女がいたという噂がありました。
が、現在では彼女に関する情報を見つけることができませんでした。
どうやら、現在は彼女がいないフリー状態のようですね。

第二のダルビッシュと言われているほどのポテンシャルを秘めている高橋光成(こうな)投手ですが、ダルビッシュ投手と違って素朴な感じがします。
そんな高橋光成(こうな)投手は、早くよき彼女を見つけて、身を固めた方が、野球選手としても大成するのではないでしょうか?

ダルビッシュの恋愛記事はこちら

陸上部の彼女が実在したのなら、長く付き合って、結婚まで行ってほしいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*