児童の絵を踏んで捨てた59歳教諭[北九州市小倉南区の市立小学校]

教育関連

27日、北九州市小倉南区の市立小学校の男性教諭(59歳)が、児童が描いた絵を足で踏みつけ捨てたとして、北九州市教育委員会から停職6か月の懲戒処分を受けたといいます。

男性教諭は3月下旬から病気休暇を取得しており、心療内科に通院しているとのこと。

児童の絵を踏みつけて捨てた行為について、男性教諭は「感情を抑えきれなかった。児童に申し訳ない」と話しているといいます。

他にも、連絡帳を忘れた別の男子児童に対して、突然怒り出し、カッターナイフ取り出したりしたこともあるという。

児童の保護者が学校に相談したことで、発覚したという。

sponsored link

 

ニュースのポイント

  • 北九州市小倉南区の市立小学校の男性教諭が、児童の絵を踏み捨てた
  • 男性教諭は心療内科に通院している
  • 処分は停職6か月の懲戒処分

ニュースのソース

児童の絵を踏み捨てた教諭、停職6か月

児童の絵を踏み捨てた教諭、停職6か月

北九州市教育委員会は27日、児童が描いた絵を足で踏みつけ、ごみ箱に捨てたなどとして、同市小倉南区の市立小学校の男性教諭(59)を停職6か月の懲戒処分にした。

 教諭は「感情を抑えきれなかった。児童に申し訳ない」と話しており、3月下旬から病気を理由に休んでいるという。

 市教委の発表によると、教諭は昨年6月、担任だった2年生の教室で、図工の授業中にふざけていた男子児童を注意した後、この児童が描いた絵を足で2回踏み、丸めてごみ箱に捨てた。今年1月には、連絡帳を忘れた別の男子児童に代わりの用紙を渡す際、カッターで何度も紙を刺した。折れた刃が男子児童の方向に飛んだが、けがはなかった。

 同月に児童の保護者が学校に相談し、発覚。市教委は「見識を極めて欠く行為」として、懲戒免職に次ぐ重い処分とした。また、事態を把握しながら、市教委に速やかに報告しなかったとして、男性校長(56)を戒告処分にした。

読売オンライン

59歳・教諭、小2児童が書いた絵踏み、丸めて捨てる 停職処分

59歳・教諭、小2児童が書いた絵踏み、丸めて捨てる 停職処分

 北九州市教育委員会は27日、授業中に2年男児が描いた絵を踏んだ上、ごみ箱に捨てたとして市立小学校の男性教諭(59)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は市教委に「感情を抑え切れなかった。児童たちに申し訳ない」と話し、3月下旬から病気休暇を取り、心療内科に通院しているという。

 市教委によると、教諭は昨年6月、担任をしていた2年生クラスの図工の授業中、ふざけていた男子児童を注意した後、この児童が描いた絵を足で2回踏み、手で丸めてごみ箱に捨てた。

 今年1月には、連絡帳を忘れた別の男子児童に連絡帳の代わりとして用紙を渡す際、突然怒りだしカッターで紙を何度も刺したほか、別の日にも児童がざわついていた際に、子どもたちが作った授業参観の発表会プログラムをはさみで切り丸めて捨てた。同月下旬に児童の保護者が学校に相談して発覚した。

産経ニュース

児童の絵踏み、捨てる 「感情を抑え切れなかった」教諭を停職処分

児童の絵踏み、捨てる 「感情を抑え切れなかった」教諭を停職処分

 北九州市教育委員会は27日、授業中に2年男児が描いた絵を踏んだ上、ごみ箱に捨てたとして市立小学校の男性教諭(59)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は市教委に「感情を抑え切れなかった。児童たちに申し訳ない」と話し、3月下旬から病気休暇を取り、心療内科に通院しているという。

 市教委によると、教諭は昨年6月、担任をしていた2年生クラスの図工の授業中、ふざけていた男子児童を注意した後、この児童が描いた絵を足で2回踏み、手で丸めてごみ箱に捨てた。

 今年1月には、連絡帳を忘れた別の男子児童に連絡帳の代わりとして用紙を渡す際、突然怒りだしカッターで紙を何度も刺したほか、別の日にも児童がざわついていた際に、子どもたちが作った授業参観の発表会プログラムをはさみで切り丸めて捨てた。同月下旬に児童の保護者が学校に相談して発覚した。(共同)

サンスポ

SNSでもご購読できます。