朝青龍が蕎麦を販売? 本名を改名してアサショウリュウの名前を残したい!

蕎麦の画像

横綱として活躍した元朝青龍ことドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ氏(34)(以下、長いので元朝青龍とします)が、蕎麦を販売するらしいです。

日本で活躍していた時は、何かと不祥事が続いて、いつもマスコミにバッシングされていた元朝青龍ですが、今では真面目に本国のモンゴルで実業家・ビジネスマンとして活躍しているそうです。
少し前に放送していたドキュメンタリー番組では、確かモンゴルにビールバーのようなものを作っているとみたような気がしていますが(不確かです)、実際は何のビジネスなんでしょうか。
噂では改名もする予定だとか?!
その辺を中心に、元朝青龍の今を調べてみました。

sponsored link

 

モンゴルで育てる「朝青龍蕎麦」に自信アリ

元朝青龍が、蕎麦の販売を手掛けるという。その名も「朝青龍蕎麦」というから、そのまんま(笑)
なんでも、北海道の「きたあせ」というソバの品種の栽培を、母国モンゴルで試しにやってみたらうまくいったらしいです。
元朝青龍いわく、モンゴルの大地は農薬に汚染されていないので、美味しいお蕎麦が育ちやすいんだとか。あとは、野菜の栽培も視野に入れているようです。
そうしてできた「朝青龍蕎麦」を日本、中国、韓国、カザフスタン、ロシアなどでグローバルに販売展開していく予定だとか。

記憶が定かではないですが、以前みたドキュメンタリー番組では、モンゴルにビールバーを作る壮大な夢を語っていたような。。。
そちらはすでに完成したのでしょうかね?

なんとなくですが、飽きっぽい性格の人のような気がするので、ちょっと心配です。
「朝青龍蕎麦」は確かに一度は食べてみたい気もします!
ぜひ、頑張って日本でも販売していただきたいですw

 

本名を解明してアサショウリュウの名前を残したい!

飲酒トラブルで電撃的に横綱・各界を引退してモンゴルに帰ってしまった元朝青龍。
さぞかし、日本での、特に各界に対する印象は悪いのだろうな、と思っていました。
日本に関することなど記憶から消してしまいたい、と。
でも、前述した蕎麦の件から察するに、「あんまり気にしてないのでは?」と思うようになりました。

その上、本名も改名予定で、その名もアサショウリュウ・ダグワドルジ。
朝青龍のアサショウリュウだということです?
なぜ、この名前を本名にしようと思ったかというと、モンゴルでの知名度を上げるためだとか。
横綱として活躍していた当時は、本国モンゴルでも相当な知名度があった元朝青龍。
しかし、現在ではその知名度も地に落ちてしまったとか。

それを明白にしたのが、国際レスリング連盟の理事選。
現在、朝青龍は国際レスリング連盟でコーチのようなことをしているようですが、その理事選に立候補して、あっけなく落選してしまったようです。
その敗因が知名度の無さだと痛感した元朝青龍。
本名のドルゴルスレンギーン・ダグワドルジで立候補したのが間違いだったと。
ということで、自分が一番有名だった時の名前朝青龍=アサショウリュウを本名に改名しようと思い立ったようです。
現在は申請中ですが、今後はアサショウリュウ・ダグワドルジに改名するとのことです。

確かに、アサショウリュウ・ダグワドルジが販売する朝青龍蕎麦の方が、少なくとも日本では売れそうな気がしますね^^

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*