アギーレ監督がクビ!マフィアのような疑惑多数

札束の画像

日本代表のハビエル・アギーレ監督が日本サッカー協会からクビ(契約解除)を言い渡されたそうです。

そりゃそうですよね~。あんなことやこんなことなど、不祥事だらけでしたから、アギーレ監督は。いや、アギーレ“元”監督ですか。
今回日本代表監督をクビになった経緯というか、原因などをまとめてみました。

sponsored link

 

八百長疑惑

今から4年ほど前、スペイン1部リーグのチームサラゴサの監督だったアギーレ監督。
その「サラゴサ vs レバンテ」戦で八百長があったのではないかと疑惑がもたれていました。

この試合は、アギーレのチームの2部降格がかかった大事な一戦。
何としても1部に残りたいアギーレ率いるサラゴサは、相手のレバンテに対して金銭を渡して、八百長をした疑惑がかけられていました。
実際、この試合でサラゴサが勝利しています。

なぜ、八百長がばれてしまったのか?
それは、当時サラゴサ(アギーレ監督のチーム)に所属していた選手が、「この試合で金が動いた」と、スペイン当局に証言したからなんです。
アギーレ監督としては、身内に刺されたカタチですね。

というか、もともとアギーレ監督はスペイン当局から疑われており、実は捜査は水面下で進んでいたとか。
遅かれ早かれ疑惑は追及され、クビになる運命だったようですね。

 

マネーロンダリング疑惑

今回、日本代表監督をクビになったアギーレ監督には、八百長疑惑の他にマネーロンダリング疑惑もあります。
なんか、こうなるとヨーロッパという土地柄、ほとんどマフィアみたいに見えてきましたね。。。
クビになるの遅すぎたぐらいのような。。。

こちらの疑惑もスペイン1部リーグ時代の話。
サラゴサの監督だったアギーレ監督たちは、チームの会長からボーナス名目で大金を口座に振り込まれています。
その額は、アギーレ監督と数人合わせて96万5000 ユーロ (約1億1100万円)!
とてつもないボーナスですね!
まあ、その後、再びサラゴサ(アギーレ監督のチーム)にお金は戻されたらしいのですが、この一連のお金のやり取りが、マネーロンダリングだ! と指摘されているようです。

ちなみに、マネーロンダリングとは、一般に犯罪にかかわる汚れたお金の出所をうやむやにしてわからなくすることです。
基本的に犯罪にかかわるお金なので、その片棒を担ぐということは、犯罪組織に加担していると思われてもしかたありませんね。

。。。うーん、やっぱりマフィアや。。。
代表監督のクビぐらいどうってことないのかも。その筋で生きていけばいいんだし。。。

 

クビ発表会見で分かったこと

今回のクビの理由をまとめると、

・一連の疑惑に関する裁判が始まるので、日本代表監督に集中できない
・八百長疑惑などの審議というより、疑われた時点で日本代表のイメージダウンに響く

のようなことです。
これについて、アギーレ元監督は、「やむをえない」ということだそう。

ちなみに、アギーレ元監督の後任は今の所決まっていないとか。
2月中に決めて3月からの試合には間に合わせたいと日本サッカー協会は考えているらしいです。

ということでした。
次の監督は誰になるんでしょうね~? 外国人より日本人の方がいいと思うのですが、個人的には。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*