アキナ 不祥事を乗越え優勝候補【THE MANZAI 2014】

アキナの画像
アキナの画像

引用:http://www.themanzai.com/

アキナは、変幻自在で予測不能なボケを繰り出す山名と、そのボケの持ち味を120パーセント活かす相性抜群のツッコミの秋山のコンビ。

結成2年という異例のスピードでTHE MANZAI 2014の決勝に進出したアキナだが、その陰にはいつも不祥事の文字がちらついている。。。

コント畑出身だが漫才も一級品のアキナについて調べてみた。

sponsored link

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
サーキットランキング:7位
メンバー:
(写真左)山名 文和(やまな ふみかず、1980年7月3日生まれ)ボケ担当。

(写真右)秋山 賢太(あきやま けんた、1983年6月24日生まれ)ツッコミ担当。

不祥事を乗り越えて、ソーセージからアキナへ!

アキナのコンビ名の由来はボケの山名と、突っ込みの秋山の名前から一部分を取ったもの。

そんなアキナの誕生のきっかけは、二人が以前いたコント トリオソーセージの解散が、直接の原因だったようです。

 

ソーセージは3人組のコントグループでした。

秋山と山名の他に、藤本 聖(ふじもと たかし)というメンバーがいたのですが、不祥事を起こして解散に追いやってしまったようです。

なんでも、この藤本と言う人は、元交際相手の女性に暴行を加えて全治1か月のケガを負わせてしまったというのです。。。

これに対して、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーからは、厳重注意を受けるとともに無期限謹慎処分を受けたとのこと。

藤本さん自身

被害者の方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。心よりお詫び致します。またファンの皆様や関係者の方々にご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

引用元:http://www.yoshimoto.co.jp/cmslight/resources/1/114/20120720.pdf

とコメントを残しています。

結局、藤本さん側からソーセージを脱退するといい、それがもとでトリオも解散、ということみたいですね。

その後、山名さんと秋山さんは一時、お笑いをあきらめる寸前まで考えたそうですが、やはり捨てきれず、「アキナ」というコンビで復活しました。

コントだけにとどまらず漫才でも才能を発揮

元々ソーセージ時代に、コントをメインに活動していたので、アキナになってからもキングオブコントに出場したりしていました。

キングオブコントで決勝進出するなど、その実力は衰えていない様子。

しかも、漫才でも様々なショーレースでいいとこまで行っており、そんな中、結成わずか2年でTHE MANZAI 2014の決勝大会に出場することになりました。

かつてのソーセージのネタの雰囲気を残したまま、勝ち上がってたので、昔からのファンの人たちにとってはうれしいですよね。

アキナのTHE MANZAI 2014 予想

お笑いは芸人は、その世界観に、どれだけ観る人を引き付ける事が出来るか、ということがカギになると思っています。

芸人の方から観客(視聴者)にすり寄って笑わせようとすると、なんかひいちゃうんですよね^^;。

観客(視聴者)を自分の土俵に引き込む引力が、芸人の魅力となり、「おもしろい!」につながるのではないかと思っています。

その点、アキナにはスッゴイ引き込まれますね!(*^^)v へんてこな世界なんだけど、興味がわく。

これは、やっぱりセンスとか感性の話になるのでしょうか。

個人的には、今回のTHE MANZAI2014の優勝候補です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*